雑記

萌えの記録。腐向け注意。

神の人

最近家にいる時間よりも病院にいる時間の方が長いぞどういう事だ…

ロマノフの十字架読了しました。感想としてはアナスタシアにはあの世でセルゲイと幸せになってほしい……もう途中からラスプーチンが蘇って神のパワーでなんとかしてくれって気持ちでいっぱいだった。事前にロマノフ朝関連の映画を見たことがあったので処刑のシーンとかはありありと映像が浮かんで気分が落ち込んだ…映画『ラスプーチン』でも惨いラストだもんなぁ~。そうそう、上巻で一人静かに祈りを捧げるラスプーチンが背後から声をかけられても(それが愛しいアナスタシアでも)驚く様子ひとつ見せず、それも振り返らずに静かに返答するシーンがかっこよくて、死を予知してもなお落ち着き払って余裕のある姿にとてもキュンとした…!思えばライドウのラスプーチンにもあったな~そういう雰囲気のシーン、教会でライドウちゃんに背中を向けた状態で台詞を語るムービー。敵に背を向けられる程の余裕と自信って素敵だと思う。
それにしてもこの本、ストーリーとキャラは本当に良かったんだけど誤植が多過ぎた。校正の時にそこ見逃す!?ってレベルの誤字脱字も目立ったけど、キャラの名前間違えがほんっとにひどい…スレーターとハーレーが入れ替わってたりチャーリーになっていたり…誤植を完全に無くすのは難しいかもしれないし誤字脱字はまぁ仕方ないか~で片付けられるけど、キャラの名前が入れ替わってる間違いだけは割と萎える。それも結構大事なシーンで…もしかして上下合体版は修正されてるんだろうか。


うしろシティの星のギガボディ、今週も面白かった!放送局拡大おめでたい!今回は口笛騒動無かった…結局答えはビル・エヴァンスでいいのか。もういっそ口笛おじさん本人から答え合わせしてほしいくらいだ。あのメロディ頭に残るよ~。